CMYK

理想的な冊子印刷を行うためのコツやノウハウを紹介!

冊子印刷で大切なこと

冊子印刷は、デザイン力のある会社選びがすべてです。センスのレベルが高い印刷業者を選びましょう。表紙の写真は、企業と関連性のあるものを使うのがポイントです。関係ない写真はどんなに素敵な写真でもやめましょう。企業のイメージがアップする清潔感のある写真を選ぶべきです。
文章と写真はバランス良く取るのが基本です。写真はあくまでも文章を引き立てる存在で、サイズが大きいとバランスが悪くなってしまいます。文章にふさわしい、ほどよい大きさをチョイスすると良いでしょう。
冊子印刷に掲載するキャッチフレーズや見出しはインパクトのある言葉を使いましょう。素敵なキャッチフレーズ、見出しは人の心をつかみ、読みたいという気持ちにつながります。あまり長すぎてしまうとだらしない印象になるので、30文字以内におさめましょう。
最初に制作期間を確認しておきましょう。この日までに仕上げたいという希望があれば、業者に伝えておくべきです。あわてて制作するとどこか間が抜けたようなパンフレットになってしまうおそれもあるので、早めに取りかかりましょう。また、費用を調べておくことも大切です。よく相談しないで想像以上に高くなってしまった、そんなことがないように冊子印刷の際は気をつけましょう。

冊子印刷は読みやすさを重視する

「パンフレット」は、企業の情報発信や集客に大きく影響します。伝えたいことをしっかりアピールしましょう。冊子印刷の際、製品や情報を分かりやすく簡潔な文章でまとめることが大切です。専門用語はできるだけ使わないようにしましょう。素人が読んだら何のことかさっぱり分かりません。冊子印刷では知識のない人でも理解できる言葉をチョイスしましょう。
パンフレットはレイアウトも大切です。見出しや文章補足はそれぞれ文字にメリハリをつけましょう。また、余白をうまく使うことで、見やすさがアップします。スペースをムダと考えるのではなく、所々に取り入れましょう。
1ページに情報を詰め込み過ぎてしまうと文字と文字が詰まりすぎて読みにくくなってしまうこともあります。そうならないために、間隔を開けましょう。ただ、適切な間隔が保たれていないと美しくありません。トータルで見て判断すると良いでしょう。
冊子印刷の制作業者の対応力もチェックしておきたいところです。対応が冷たい、めんどくさがるところは優良ではありません。どんなことでも親身になって対応してくれるあたたかい業者を選びましょう。また、相談したいときにいつでも連絡できる環境が整っていることも大切です。

冊子印刷はイメージカラーやロゴが大切

「冊子印刷」をする時は、制作費用を明確にしておくことが大切です。あれもこれもとオプションをつけすぎてしまうと、トータル費用が高額になってしまうこともあります。どの部分が1番費用を費やすのか、どうすれば安く抑えられるのか知っておきましょう。
信頼度の高い冊子印刷業者を選ぶことも大切です。インターネットの情報を見て、参考にすると良いでしょう。ただ、口コミの評価だけがすべてではありません。人によって受け取り方が異なるので、参考程度にしておくべきです。会社の情報は歴史や得意としている分野もチェックしておきましょう。
表紙はパンフレットの顔とも言われている部分です。イラストや写真を大きく入れて、思わず手に取りたくなるようなインパクトのあるデザインに仕上げましょう。また、ロゴのかたちは会社のイメージに大きく影響します。丸みを帯びているとやわらかくかわいらしいイメージになり、角ばっているとクールでスタイリッシュな感じに仕上がになります。
イメージに合ったデザインをチョイスすると良いでしょう。イメージカラーも大切です。バラバラだとまとまりがなく読みにくくなります。きれいに仕上げるためにも、同系色でまとめましょう。冊子印刷の際は覚えておいて下さい。

information

menu

このページのトップへ